乗り換えのために現在使っているプロバイダーを解約する場合の注意点

現在使っているプロバイダーから新しいプロバイダーに乗り換えるために解約する場合、いくつかの注意をしなければいけません。

 

 

まず、現在使っているプロバイダーを解約するにあたって、解約が実際に実行されるのはいつかということを確認しておく必要があります。というのは、たとえば、月末に解約したいという場合、31日にオンライン上で届けを出せば成立するところもありますが、25日までに出さないと、その月での解約とはならず、もし31日に届けを出してしまうと、契約が切れるのは翌月末になってしまうというところもあるのです。なので、そういうプロバイダーをやめる場合、よく確認しておかないと、一ヶ月分、余計に料金を払わないといけないということになってしまいます。

 

 

それと、やめても違約金がかからないかを確認しましょう。携帯電話会社と契約する場合、二年程度の長期契約にする代わりに料金が割引になるというプランがありますが、プロバイダーの契約プランにも同様のものがあります。もし、そのような長期契約だった場合は、乗り換えのために契約期間よりも短い期間で解約してしまうとやめる際にプロバイダーにお金を払わないといけなくなるのでもったいないです。

 

 

自分がいつ契約したのかということは、契約後に送られてきた契約書を見ればわかりますが、もし契約書を紛失してしまったという場合は、乗り換える前にサポートセンターに電話をして確認してみるといいでしょう。